ニューヨーク州在住者の日本への一時帰国に利用できる海外旅行保険はどれですか?

NY州居住者は、下記のいずれかをご利用可能です。

旅行損害保険

IMG社の海外旅行保険

*IMG社の旅行保険を購入される場合の注意:
上記のページの保険一覧から、Patriot Travel Medical Insurance, またはPatriot Platinum Travel Medical Insuranceのいずれかをご利用になれますが、日本国籍のアメリカ居住者が日本へ旅行する場合にこの保険を利用される場合は、
CitizenshipはJapan、Home CountryはU.S.を選択し、必ず、Citizenship Return Riderという特約をつけて契約してください

Petersen、Seven Corners、HCCの海外旅行保険は、NY州居住者は原則としてご利用になれません。
NY州以外にもご住所があれば、購入可能です。

戦争特約をつけられる保険はどれですか?

下記のページでご紹介している、Diplomat Internationalという保険に、特約で戦争補償を付けることができます。海外から、戦争に巻き込まれる危険のある国への旅行者が利用できる海外旅行保険で、アメリカへの旅行を含む場合にはご利用になれません。http://www.kaigairyokouhoken123.com/travel-insurance-with-war-coverage.html

保険証が届きません

オンラインでの保険加入手続き終了後、保険証は、すぐにオンラインで表示されるか、24時間以内にEメールで送付されます。Eメールの場合、保険証などは、添付の場合と、リンクの場合があります。保険会社からのこのようなEメールは、迷惑メールのフォルダーに入ってしまうことが多いので、届かない場合は、迷惑メールをご確認ください。また、ほとんどの保険会社では、購入後、ウェブサイトから登録すると、購入された保険の情報が表示され、保険証や契約書類をダウンロードできます。(下記参照):

セブンコーナーズ社
https://www.sevencorners.com/myaccount#/login
(Registerをクリックして登録)

HCC社
https://zone.hccmis.com/clientzone/
(Don’t have a password or forgot your password? をクリックして登録)

IMG社
https://myimg.imglobal.com/unauth/homepage.aspx
(Don’t have an account? Get one now. の、Get one nowをクリックして登録)

アメリカに駐在予定です。一緒に渡米する子供に持病があり医療費がかかりますが、保険でカバーされますか?

駐在員や大学で研究される方は通常、駐在員保険や留学生保険を利用されますが、これらの保険は普通、既往症はカバーしないか、または、既往症に対する免責期間があります。免責期間は通常、短いもので6か月から、長いもので3年です。持病や既往症の治療や検査のために、継続して医療費がかかる方は、お住まいになる州の居住者用健康保険(オバマケアの条件を満たす保険)に加入されることをおすすめします。オバマケアの条件を満たす居住者用保険ならば、既往症の程度に関係なく加入でき、既往症や持病の医療費も、医学的に必要と認められる治療である限り、カバーします。弊社では、オバマケアの条件を満たす保険に関しては、CA、OR、WAの3州のみ取り扱っております。これ以外の州にお住まいになる方は、その州の医療保険を取り扱う保険代理店にご相談ください。

旅行中の緊急事態発生の場合の連絡方法を教えてください

緊急連絡は、保険会社の24時間緊急連絡先に電話してください。契約された際に受け取られる書類に、連絡先が記載されています。緊急連絡の場合で英語にご不安がある場合、どこの保険会社でも通常、無料で通訳を用意してくれます。

なお、生命に危険がおよぶような緊急事態の際には、保険会社へ連絡される前に救急車などを呼ぶ必要がある可能性がありますので、滞在国での、日本の101番、119番に該当する番号をあらかじめ調べておかれることをお勧めします。アメリカの救急番号は、911(救急車、警察、消防)です。

アメリカ居住者の海外旅行に利用できるのはどの保険ですか?

アメリカに、ビザや永住権、または市民権で居住されている方が、ヨーロッパ、中東、アフリカ、南アメリカ、アジアなど、日本以外の国(母国以外の国)へ、観光や短期の商用で旅行される際にご利用になれるのは、海外旅行医療保険のページ、または、旅行損害保険のページでご案内している旅行保険です。

日本語の資料はありますか?

残念ながら、ありません。アメリカをベースにする保険会社ですので、資料は全て英語になります。見積り画面や、パンフレット、契約書類に出て来る保険用語は、ウェブサイトの保険用語のページで解説しておりますのでご参照ください。

保険に関する問い合わせ方法は、ウェブサイトの質問フォームのみなのでしょうか

保険購入前のご質問は全て、ウェブサイトの質問フォームをご利用ください。見積り画面などに表示されるEメールアドレスはご使用にならないでください。

保険にすでに加入されている場合の、キャンセル、変更、保険金請求などに関するお問い合わせは、それぞれの保険会社へ直接ご連絡ください。保険会社の連絡先は、契約時に受け取られる書類に記載されていますし、弊社ウェブサイトで、保険会社のウェブサイトをご案内しています。なお、連絡に際して、英語文章作成のお手伝いが必要の場合は、弊社でお手伝い可能です。

旅行中に緊急で保険会社に連絡する必要が生じた場合は、保険会社指定の緊急連絡番号へ電話してください。ほとんどの保険会社では、緊急時の連絡に限り、日本語通訳を無料で用意してくれます。

なお、日本の110番、119番に該当する番号は、アメリカでは911です。

妊娠の時期は、どのように判断されるのですか?

アトラストラベルの妊娠合併症のベネフィットは妊娠26週まで、インバウンドイミグラントの出産費用は、妊娠が保険加入後90日以上後の場合のみカバー、留学生保険で出産をカバーするプランの場合、妊娠が保険加入後であることが条件、など、妊娠の時期の判断は重要です。妊娠の時期の判断は、専門医が行います。つまり、妊娠に関連する医療費が発生して、保険を利用することになった場合に、医師の診察を受けて、妊娠時期が保険契約の条件に合うことを証明できないと、保険が適用にならない可能性があります。したがって、妊娠された時点ですぐに、妊娠の正確な時期を記載した、医師の診断書を入手しておかれることをお勧めします。